カテゴリー別アーカイブ: macintosh

使用する愛機Macについての亡備録です。僕がこうしたことを忘れないよう記載しています。実施する際は、自己の責任の元実行してください。トラブルの際、こちらでは責任を負えません。を

iMovie10になって、データは大きいわ、扱いに混乱を来す。作ったデータをiDVDで焼いていたが、AppleStoreに行って、iDVDの話をしたら「いつの時代の話ですか!」と驚かれ、いやいや驚いているのはこっちだよとなにで焼けばいいか聞いたら「ToastかBurnです。とすんなり言われてショックを受けた。
iPadでも加工するし、いまやDVDというメディアよりyoutubeで使用することに世の中が動いていることを知りつつ、時々、友人に頼まれて編集し、DVDに焼くのはもはや古いとも言えず・・・。その友人、ますます膨大な量の映像を撮ってきては、DVDにまとめてと言う。2層で焼いても2〜3枚かかっていたが、なんとその2層のDVDも作らないらしいので、どのように推移するのか・・・なのである。

で、扱いづらいiMovie10でDVDからデータを抜き取ること。まぁ、あまりないことだが、だから忘れないように記録しておく。
使用ソフト
・ディスクユーティリティ
・iMovie9
・iMovie10

使い方
1.DVDを挿入
2.ディスクユーティリティ ファイル>新規ディスクイメージ> (DVD名)からイメージ作成を選択。
image201608223.フォーマットをDVD/CDマスターにして、保存。
4.生成されるデータの拡張子は .cdr となる。

5.書きあがったら、iMovie9の出番。iMovieを立ち上げたら、今生成したイメージファイル(.cdr)をダブルクリック。するとちょっと時間かかるけど、読み込み画面が出てきて、読み込めるようになる。

※この機能、iMovie10にはついてないので、iMovie9は捨てられない。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - DVDからiMovieに取り込むtip
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`tweetmeme` not found]

iPhone5のデザリングが突如できなくなったら

先日カルチャーでの出来事。iPhone5がデザリング不能になった。
通常、ここではiPhone5とデザリングしたMacBookAirでインターネットに接続しているのだが、ビルの調子なのか時々繫がらなくなっていた。
先月はもうダメだとばかりに、usb接続していたのだが、今回そのケーブルを忘れた。
慌てたところではじまらない。で、努力するが、結局つならずじまいだった。
その後地下鉄でデザリングしようとしたら、反応せず。

意を決して、アップルストアに出向く。
うわぁ、混んでるし。で、仲良しのスタッフに聞いてみると「リセット」を試しましたか?と言われる。

なんでも【設定】→【一般】→一番下にある【リセット】のネットワーク設定のリセットを試してみてはとのこと。
工場出荷状態になるので、パスワードなども消えてしまうとのことでしたが、まずはトライ。
すると、あらら。あっという間に繫がるじゃないですか!
この技、忘れないようにメモっておこうっと!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone5のデザリングが突如できなくなったら
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`tweetmeme` not found]

iPhoneの着信音を作成する

参考になるのはこのサイト

もうマリンバは鳴らさない

ここを参考にするとわかりやすい。

 

iTunesのライブラリから着信音に設定したい曲を選択して右クリック。
【情報を見る】の【オプション】を選び、【開始時間】と【停止時間】のチェックボックスをオンにする。(必ず40秒以内に)

 

設定した曲をふたたび右クリックして【AACバージョンを作成】をクリック。先ほど開始/停止時間を設定したAACファイルが作られる。なお、この機能を使うには、iTunesの標準読み込みをAACで読み込む設定にしておく必要がある。【環境設定】の【一般】タブにある【読み込み設定】から、【AAC エンコーダ】を指定

ファイル名末尾の拡張子“m4a”を“m4r”に変えてダブルクリックすると、iTunesのライブラリ内にある【着信音】に読み込まれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhoneの着信音を作成する
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`tweetmeme` not found]

MacOSX 10.8にしてから「開発元が未確認のため開けません」というエラーがでる件

アップデータなどをダウンロードし、インストールしようとすると「開発元が未確認のため開けません」とでることがある。

この場合は、 control + そのアップデータをクリック する。

すると、「開いてもよろしいですか」メッセージが出るので、そのまま開くをクリックするとインストールできる。

 

この操作をすると次回から、エラーメッセージが出なくなる?

 

参考記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MacOSX 10.8にしてから「開発元が未確認のため開けません」というエラーがでる件
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`tweetmeme` not found]

iPhoto9.3のアップデートに、やられた!

iPhoto9.3のアップデートの案内が来たので、すかさずヴァージョンアップしたのだ。ここまでは、OK。その後開いたら、iPhotoライブラリもアップデートしますと、中居君のアタルのようなことを言われ、5/9の99%まで進んだところで、固まってないけどほとんど仮死状態。動いているけど目に見えない作業状況。
何度やっても同じ状況。
ネットで確認したら9.3にアップした直後再起動してからiPhotoライブラリを読み込めば大丈夫だったという記事を見つけ、なんどかチャレンジ。
今度は、9/9まで行ったぞ。これで完了できる〜!と、思ったところで、
またしても99%の壁を越えられず・・・・。
アップルストアに行って聞いてみたら、ファイルが壊れているからかもしれぬと言われる。なるほどと見て見ると、旧MacBook proの方は、バージョンが9.2.3だった。そうか、これを9.3にして見えるようにしてから外付けHDDにコピーすれば一石二鳥かぁと思って、iPhoto を機動させ、アップデートをさせようとすると最新です。と、の返事。おいおい、他はみんな9.3になってんだぞ、ともう一度試みても最新ですと出る。
そっちがその気なら・・・・と、アップル公式ページから9.3をダウンロードして無理矢理アップデートしてみたら、すんなりできた。
ほらね、と思っていたら、iPhotoライブラリのアップデートでまたしてもひっかかる。

打つ手がなくなり、タイムマシンで元にもどそうとしたけど、必ずどこかでエラーになり、写真自体が見ることも取り出すこともできなくなる。

慌てて今回の9.3のバージョンアップがダメ・アップデートか確かめようとネットを探していたら、みんな不具合に遭遇してたのね。
そんでもって、大変有益な記事が。

commandキー + optionキー で、iPhotoを起動。

すると、フォトライブラリ First Aidの画面が出てくるので、データベースを修復するを選ぶ。
と、あった。

やってみると、早!ほんと、直っちゃった。
その筆者は、「時々やるフォトライブラリ First Aidを使って〜」と書いていた。たまにやらなきゃいけないのね。しらんかったわ。
と、いうことで快適macライフが見えてきた、今日の今頃。
昨日の広瀬川。ロンサム・ジョージは死んでしまったが、広瀬川のこの亀は亀の滝登りにトライしておりました。エ、エライ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhoto9.3のアップデートに、やられた!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`tweetmeme` not found]